12月に、原屋先生に久しぶりに来園して頂きました。

遅くなりましたが・・・報告です。

 原屋先生・・・斎藤公子先生著「あすを拓く子ら」に出会い衝撃を受けて脱サラ、埼玉県の

        さくらんぼ保育園で学ばれる。依頼、30年近く学び続けられる。

        南米ひとねっとハポンをを立ち上げられ、アルゼンチンにおいて現地の

        スラムや先住民の村で斎藤公子メゾットの普及を中心とした活動を展開される。

        現在は、現地での活動報告をされながら「斎藤公子メソッド」の個人としての学びと普及を

        継続されている。

子どもたちは、初対面。でもすぐに引き込まれて笑顔がはじけていたのが

印象的でした。基本のリズムを通してからだを沢山動かしました。

次は、お相撲。「はらやを倒せるか〜?!!」と、子どもたちは原屋さんに

勝とうと意欲満々。そして本気!

最後は年長組。

見てもらうと分かるように、原屋さんの足腰はすごく強くて、動きがしなやかでした。

職員も沢山の刺激をもらいました。

たかが相撲遊びではなく、足腰が自然に強くなる・瞬発力・人との触れ合い、

自然に力が付くんだと感じました。

 

そして、年長リズムのスケート。

最後は、3人鬼ごっこをしてもらいました。広いスペースが無くても簡単に

できる遊び。体がぽかぽか!

原屋先生、ありがとうございました。リズムのすばらしさをまた実感できました。

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 子ども広場@おひなさま製作
    メイ

Link

Profile

Search

無料ブログ作成サービス JUGEM